正文卷 第一百一十六章 苍鹰与公鸡

    “啾~”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    声音清脆而悠扬,李长青抬头见一只苍鹰张开黑色羽翼在空中来回盘旋,白色鸟头目露寒光紧紧地盯着山坳里的鸡。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “老鹰……”,李长青小时候在钟南山见过,后来几乎绝迹,居然重新出现。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    山坡上的鸡听着一惊,如临大敌,体型瘦小的母鸡们飞快地扑腾着躲进鸡舍里。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    长着金色羽毛顶着深红色鸡冠的大公鸡却单脚站立,展开翅膀昂首挺胸斗志十足,向苍鹰发出“咯咯……”的叫声。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    李长青极目望去,苍鹰的体型约莫三四十厘米长,应该尚未成年,与大公鸡的体型相仿。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    苍鹰乃空中霸主,李长青养的大公鸡吃着用灵水浇灌的蔬菜长大,比普通大公鸡壮硕很多,亦是公鸡中的战斗鸡,两者的胜负尚不好说。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “咯咯……”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    金色大公鸡见苍鹰迟迟不肯下来应战,一声叫得比一声响,洋洋得意。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “啾~”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    苍鹰作为空中霸主,何曾受过此等挑衅,一声长鸣张开如钢铁般的黑色利爪飞扑而下。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    金色大公鸡感受到强烈的威胁,颈部的羽毛炸起,等苍鹰落地时扑腾翅膀恰好躲开,长长的尖嘴狠狠地啄在苍鹰的背部。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    一击落空,苍鹰尝试再次起飞,金色大公鸡却用翅膀将苍鹰盖住,如小鸡啄米般亲吻着苍鹰的羽翼,苍鹰不甘示弱转过身跟金色大公鸡厮打在一起,金黄色的鸡毛、苍鹰的黑色羽翼落满一地,可毕竟天空才是苍鹰的主场,在地上与金色大公鸡贴身肉搏并不占便宜。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    金色大公鸡愈战愈勇,用双爪将苍鹰按在地上一顿暴啄,苍鹰只能勉强用翅膀招架,偶尔回击一两次。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    目前野生苍鹰稀少,而且是国家二级保护动物,李长青好不容易遇见一只,不忍心它惨死在金色大公鸡的手里,出面将金色大公鸡赶走。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    苍鹰翅膀上的羽毛几乎都被金色大公鸡给啄下来,露出白花花的肉,上面血迹斑斑,两只腿也受了伤,在地上挣扎着却站不起来。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    李长青蹲下身子,抚摸苍鹰的背部,苍鹰惊惶不安的情绪慢慢稳定下来。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    金色大公鸡站山坡上慵懒地伸展鸡腿,如得胜将军般宣示自己的主权。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    李长青向金色大公鸡招手,大公鸡屁颠屁颠地跑过来。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “做得不错!”,李长青在盛水的容器里到些灵水,作为大公鸡保护鸡群的酬劳。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “咯咯……”,大公鸡欢快地叫着,张开翅膀独自享用,其它母鸡摄于大公鸡的权威都不敢过去。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    李长青提着苍鹰的翅膀下山,用清水将苍鹰的伤口清洗干净,敷上草药包扎好,然后提着篮子再次回到鸡舍,带着木槽里的十几个鸡蛋回到山下的家里。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “青娃,你这是在哪捡的鹅蛋”,刘翠娥见到李长青篮子里鸡蛋后问道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “山上有十几只鸡开始下蛋了,这是鸡蛋!”,李长青道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “这么大的鸡蛋,还真是少见!”,刘翠娥啧啧称奇。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “既然开始下蛋的话,以后应该每天都会有,这只是第一批呢,晚上把二叔、红豆、长亮都喊过来尝尝鲜!”,李长青道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “好呢!”,刘翠娥欣然道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    傍晚,餐桌上。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “韭菜炒鸡蛋、荷包蛋、蒸蛋、紫菜蛋花汤,青哥,怎么全都是蛋呀”,李红豆问道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “呵呵,全蛋宴!”,李长青笑笑道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “看这蛋的颜色跟黄金一样,而且闻起来就很香,肯定不错!”,李大江嗅着香气道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “哎哟,咬到舌头了,这鸡蛋实在太好吃了!”,李长亮嘴馋,第一个动筷子,惊讶道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “看你,吃一口差点连自己的舌头都吞进去,有这么夸张吗”,李红豆说着将信将疑地夹起一块金黄色的蛋皮道,旋即不自主地吞咽口水,脸色大变,接连吃了几口才停下来,说道:“真心不错,大娘手艺进步很快嘛,比之前做过的都要好吃!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “你大娘的手艺还是那样,关键是这蛋好!”,刘翠娥道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “这蛋哪来的”,李大江问道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “青娃山上养的鸡下的!”,李大海道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “吃完感觉身上有点发热!”,李长亮擦拭着额头的汗珠道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “我也是!”,李红豆道、
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “山上的鸡都是吃韭菜长大的,可能比较补吧,也不能吃太多!”,李长青道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “青哥,你真是神农,韭菜、蔬菜也就算了,就连养的鸡下出来的蛋都不寻常!我要是天天吃,身体素质很定可以大幅提升,下学期开学就改到体专班去!”,李长亮满脸钦佩道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “这主意不错,反正你学习不行,练体育说不定还真有条出路!”,李大江认真思考后道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “行,改天给你做个药膳食谱!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    李大江对李长青一直很好,他只有李长亮这么一个孩子,李长青自然不会舍不得。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “谢谢青哥,以后争取给咱们老李家拿几块奥运金牌回来!”,李长亮感激道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “哦,对了,青娃,还有一件事要跟你说一下!你还记得当初我跟你说过的,我的木匠手艺是当年跟一个下放到咱们村的物理老师学的”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    李大江前段时间收到一份从津港寄来的信,但没机会跟李长青说。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “嗯嗯,怎么了”,李长青问道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “我的老师平反后回到城里在大学教书,最近身体不太好病得很重,想回到当初下乡的地方看看,到时候你给瞧瞧,看看还能不能治好!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    李长江对当初传授自己手艺、物理知识的老师非常感激,几十年年没见略微激动地道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “没问题,我这木匠手艺是跟你学的,你的老师是我的师公呢!”,李长青应答道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “感谢的话,二叔就不说了!”,李大江道,一切尽在不言中。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “都是一家人嘛!”,李长青道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    饭后,一家人在一起聊聊天。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    月上柳梢头时,李长青踏着月光回到钟南山。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    天亮后,李长青再次来到李家坳小学读书。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “永健、和平啊,你们两个年轻,精神容易集中,这次一定要盯紧,能不能求到李大师的墨宝就看你们了!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    赵桂中挤在人群中,向杨永健、秦和平嘱咐道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土



书阁网欢迎您,请记住我们网址http://www.bookgew.com

注册成为书阁网会员,点击这里
推荐票票        加入书架        翻上页      回目录      翻下页        加入书签        返回首页