《大宋将门》最新章节 第1076章 主动权到手

    吕惠卿琢磨着是老师要来,可哪知道来的人居然是文彦博,他稍微想想也就明白了,老师如果出手,就不会藏头缩脑,反倒是师弟刚刚和文宽夫的孙女结亲,孙女婿请家里的老祖宗出来,那是天经地义!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    见到了文彦博,吕惠卿还真挺高兴的。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    术业有专攻,王宁安那是核武器级别的,出手就是大杀大砍,绝没有侥幸的。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    而文彦博呢,更是像淬了毒的匕首,又老又辣又毒又狠。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这位来了,比起师父还要合适!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    人家文宽夫可没有想那么多,就凭这些小杂碎,还是他老人家的对手
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这不,文彦博进来之后,二话不说,就奔着最大的那张椅子走过去,一屁股坐下,还翘起二郎腿。周敦实紧紧跟在后面,要知道这是议政会议领班的位置,也就是他一直坐的,你文彦博怎么敢喧宾夺主
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他像是木头杵在那里,不知道怎么办才好!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老文扫了他一眼。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “濂溪先生,你找个位置吧,不用这么客气。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老夫这是客气吗
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    周敦实要气吐血了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这时候有理学门下实在是看不过去,站起来厉声道:“文相公,周老才是领班,你不过第一天到议政会议,凭什么坐在这个位置上”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “凭什么”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    文彦博冷笑了两声,“就凭老夫当年在翰林院的时候,是周敦实的副主考!就凭老夫提携过他!我叫他一声濂溪先生那是客气,我让他当场叫师父,也没有什么不妥!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    此话一出,把周敦实噎得老脸通红,别提多尴尬了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这事情不假,但是大宋不流行门生座主那一套,而且过去了多年,加上周敦实的学问和文彦博也不是一路,两个人实在是扯不上什么关系。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    但是他又不能否认,只得躬身施礼。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “晚生,拜见,拜见……”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “不必了!”文彦博伸手,粗暴地打断了周敦实,让老头子更为难了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “我听说了,议政会议领班是依照年齿资历推选,也正因为如此,周敦实才坐上了领班的位置……老夫初来乍到,不能坏了规矩,大家伙也推一推!如果觉得老夫不够格,我还让出来!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他这么说,把吕惠卿都弄得绷不住了,至于苏辙更是低着头发笑。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    倒是章惇,很是有些佩服。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老师就是太君子了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    恶人自有恶人磨,瞧见没有,只有文宽夫这种老流氓,才能把那帮人收拾得老老实实的!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    既然要推,那就推选吧!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    正在这时候,司马光不得不站出来了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他可清楚,这个领班太重要了,因为领班能主导议事,掌控节奏,直接影响结果……如果落到了文宽夫手里,后果不堪设想。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “文相公资历深厚,德望尊隆,自然无人能及。只是文相公今日刚刚到议政会议,未免不熟悉规则,依我来看,不如等些日子,两个月,或者三个月,再重新推举领班,诸公以为如何”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    此话顿时引来了理学的一片喝彩之声。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    就是司马光,说话有水平!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    文宽夫却低着头,半晌扭脖子,斜了一眼司马光!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “原来是君实相公!当真是好大的威风!还要让老夫学规矩,你当初刚刚调任京城的时候,老夫身为宰执,规矩还是老夫给你立的,轮不到你来教训老夫!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    论起倚老卖老,恐怕没人是文彦博的对手。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    司马光被噎得差点闭气!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    要紧的关头,司马光知道不能认怂,一旦怂了,就全盘皆输了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “文相公,你虽然资历深厚,但是毕竟初入议政会议,就这样直取领班之位,未免有些太霸道了吧!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老文冷笑一声,站起身,缓缓走了过来。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “司马光,是老夫霸道,还是你们胡来议政领班,何等重要,岂能以年齿资历来推选如果没有大多数议政卿支持,又如何能公允主持议事做到一碗水平端议政会议草创不到一年,很多事情十分模糊,你就口口声声说规矩!是谁家的规矩”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老文咄咄逼人,气势十足。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    新政学会这边,不仅为之一振。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他们虽然拿下了大多数席次,但是由于在朝诸公不愿意亲自操持,使得他们人数优势发挥不出来,每每被理学钻空子,很是郁闷。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    如今来了文宽夫,士气终于起来了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “没错,文相公所言极是,刚刚草创,哪来那么多规矩周敦实不合适,我们要重新推举!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这时候一直没有开口的苏颂终于缓缓道:“君实兄,既然大家的意思如此,我们就顺应民意吧!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他的表态,彻底堵死了司马光反驳的可能。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    就算其他人心有不甘,也难以阻挡。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    重新推选领班,势在必行。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    理学这边还想推周敦实,而吕惠卿等人则是毫无疑问要推文彦博。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    ……
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “不成,绝对不成!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    周敦实很有自知之明,他对门下道:“以老夫之力,无论如何,也胜不过文宽夫,必须另择贤明!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这就有趣了,理学这边,除了周敦实,谁还能拼得过文彦博,换句话说,全场众人,又有谁能压得住老文
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    就在大家没有主意的时候,周敦实将目光落在了司马光的身上。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    反正没有规定当朝宰执不能抢夺领班的位置,倒不如让司马光来抢!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “我们支持司马相公!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    如果说之前还有回旋的余地,这一刻,却把最后的温情也给破坏殆尽,司马光已经正式和新政学会决裂,再也无法挽回。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    说实话,司马光心里很奇怪,有些不舍,也有释然……他沉吟一下,只好站出来。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “不才只能和文相公一争高下了!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老文翻了翻白眼,很是不屑……当然,在心里老文还是惴惴不安。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    司马光算是他见过最深沉最可怕的官僚!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    要知道天下间这么多人,能骗过王宁安的,几乎没有!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他文彦博都被王宁安弄得七荤八素,出生入死。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    唯独司马光,一直装乖宝宝,直到最近,才撕破脸皮,这份功力,这份隐忍,就不是一般人能学的。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    和他对拼,有胜算吗
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老文心里这么想着,但是神色之中,却半点没有,只是调侃道:“真想不到,司马君实居然另投别派,改换门庭!了不起啊!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    司马光咬了咬牙,“我问心无愧,不劳文相公费心,赶快推选吧!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他也是怕夜长梦多,可就在此时,外面响起脚步声,慕容轻尘带着一群军方的代表,出现在了议政会议。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    要知道这几位大爷平常都是不露头的。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他们只负责和军事有关的预算,其他项目根本懒得管。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这一刻却突然出现,司马光的心就是一阵颤抖!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    慕容没有迟疑,直接走到了文彦博的面前,他深深一躬。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    还真别说,当年文彦博也参与过横山之战,后来还在西域干过,慕容都是他的手下。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “我们先恭祝老相公了!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    文彦博含笑,“还没投票,胜败在未定之天,不要急着说大话!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    慕容笑了笑,“板上钉钉的事情,还有迟疑吗投吧,快投吧!投了票,我们还要喝酒呢!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    司马光鼻子都气歪了,却无可奈何,这些军头他真的惹不起!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    接下来就是投票,唱名。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    不出意外,老文拿到了53票,而司马光只拿到了41票,剩下的6票弃权!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    看到这个结果,新政学会这边,连半点笑容都没有了!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    ***,假如没有军方的10票,文彦博就只能赢2票……不对,或许还没有!毕竟6票弃权,这里面有几位是见到他们气势如虹,不敢得罪,才选择了弃权
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    换句话说,如果不请出文宽夫,不找来军方的代表,新政学会就要栽跟头了!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    好一个厉害的司马光!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    吕惠卿冒出了冷汗。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    不管怎么说,初战告捷,老文如愿以偿成了议政会议的领班,理学那边很不甘心,嚷嚷着要立刻进入正题,准备抢回主导权。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    可是老文沉吟了半晌,却笑道:“刚刚经历投票,大家都去平复一下心绪,等半个时辰之后,再进行议政!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    说完之后,他头也不回,招呼着新政学会这边,全都退到了一旁的休息室,进来之后,老文把门关上,随后脸就黑了!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “饭桶,废物!丢人的玩意,王宁安怎么就调教出你们这些没用的东西!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老文把他们骂得狗血淋头,在场这帮人谁也不敢反驳,谁让老文的资历比他们师父还高……更要紧的是老将出手,一下子就抢回了领班,摆脱了被动挨打的局面,让人家骂两句也是应该的!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “我告诉你们,别以为霸占着宰执,掌握着六部,就能屹立不败……不说别人了,你们师父,当年就是一个人挑了政事堂……当然了,也离不开老夫的帮忙!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    噗!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    前面还挺严肃呢,这句话一出口,喷血一大片。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    你老要点脸呗,当年的事情我们也不是不清楚,还不是你老东西被师父抓住了把柄,不得不背叛自己人!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    当然了,他们也不能反驳……要不说呢,活得寿命长就是好,历史都可以随着你写,那帮人想反驳也没法子,都在棺材里呢!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “行了,什么也不多说了,反正议政会议是个比人头的地方,多一个就是赢,你们都给老夫听好了,打起精神!他司马君实想和老夫玩,他还差着行市呢!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    说完,老文就带着众人,气势十足,杀回了会场……
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土



书阁网欢迎您,请记住我们网址http://www.bookgew.com

注册成为书阁网会员,点击这里
推荐票票        加入书架        翻上页      回目录      翻下页        加入书签        返回首页