初入校园 第十一章 高悠悠

    在音羽胡思乱想的这段时间,靶机已经飞的很远了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    不过音羽并不着急,毕竟她所分到的空域就那么大,靶机是不可能擅自脱离空域的,音羽完全可以绕路赶过去。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    靶机虽然很灵活,但速度并不算快,音羽很快就追上了它。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这次音羽没有选择BZ,而是选择直接冲上去咬靶机的六点。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    靶机的反应也是相当快的,音羽的I-153刚刚接近它,它就全力开始了转向,试图让音羽的战机因为速度太快而超过它。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    不过音羽又不傻,怎么可能会轻易跑到别人的前面去呢?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    在跟着滚转的同时,音羽拉起了战机,飞出了靶机的转弯平面。爬高减小了音羽战机指向靶机的速度分量,最终停止了接近靶机的运动。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    等到双方的接近速度消失之后,音羽的战机以带仰角的姿态来到了靶机后半球攻击去的上方。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    在战机到达顶点之后,接着便以相当大的俯冲角沿弧线接近了靶机。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    音羽没有放过这个攻击窗口,抬手就是一个短点甩了过去。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    「致命攻击」
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    战术面板上,显示出了系统对音羽攻击的评价。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “……”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    好气啊!辣鸡施卡斯!
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    如果这四挺施卡斯换成史瓦克,不,就算是M2音羽也能秒掉靶机,而不至于像现在这样只有一个致命攻击。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    不过话说回来,被人出了致命,那么这架飞机离死也就不远了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这个靶机非常的高级,甚至连中弹后气动的受损都能模拟出来,所以现在音羽面对的也就是一块大肉而已。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    音羽很快就让战机绕了个圈,再次来到了靶机的后方,轻松收掉了已经半残的靶机。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    ---------------我是分割线---------------
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “漂亮的高悠悠(Yo-Yo)呢,换了是我也不见得能做的更好,奈你输的不冤啊。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这是一间布满了显示器的房间,而显示器屏幕中所显示的画面,正是各个学生们的练习实况。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    其中最大的屏幕上,显示的赫然正是音羽的战机。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “哼,那家伙只是运气好罢了。”饭田奈有些不服气的说道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “运气也是实力的一部分哦。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    说话的是一位留着黑色短发的女子,如果音羽在这的话一定能认出来,因为音羽上次的考试就是她负责的。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “更何况,我看的出来她有这个实力呢,是个很有天赋的好苗子。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “她之前的成绩都是一塌糊涂,怎么可能会有实力啊,绝对是七濑你看错了。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    饭田奈直接把一打文件扔到了七濑面前,而这些文件记录的正是音羽之前的成绩。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “成绩不能说明一切呢。”七濑露出了微笑,然后接着说道:“不承认的话,亲自试试不就好了吗?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    七濑说完,便丢给了饭田奈一个砖头大小的盒子。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “这是……”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    在饭田奈的注视下,盒子自动打开了,露出了其中的设备。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    盒子的右边是一个微型的摇杆,左边则是各种大大小小的按钮。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “无人机的便携式操控器哦,你不会不知道吧?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “我当然知道,你是想让我用无人机跟她打上一场?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    饭田奈的嘴角微微翘了起来,显然是对七濑的提议很感兴趣。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “没错,想洗刷耻辱的话,这就是你最好的选择。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “OK,我会让她知道什么才是真正空战。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    说完,饭田奈便摁下了设备上最大的那个按钮。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    数个屏幕瞬间投影到了饭田奈身边,直接把她围了一整圈,构成了一个模拟的驾驶舱。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    虽然和真正的驾驶舱相比还是有不少区别,但这对饭田奈来说已经足够了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “我已经帮你设定好气动数据了,是和她同型号的I-153,没问题吧?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    七濑一边敲着虚拟键盘,一边开口说道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “没问题,看我把她打的落花流水。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    ----------------我是分割线---------------
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    「练习完成,现进入下一阶段:模拟空战」
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    音羽的战术面板上,突然跳出了一行小字。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “诶诶?不是说练习瞄准吗,怎么突然就到空战了,这越度太大了吧!难道说我乱调AI导致什么东西被触发了?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    「无人机武器系统已激活,请做好准备」
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    没等音羽从懵逼之中恢复过来,战术面板上的文字就切换了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “选都没得吗!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    靶机擅自开始了加速,接着便以让音羽目瞪口呆的速度远离了音羽的战机。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    在飞到了音羽战机三四米之外后,靶机的速度终于恢复了正常,接着便把机头指向了音羽的战机。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “只能上了啊……”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    没有选择余地的音羽,只能微微拉起了战机的机头,立刻开始了爬升。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    在交战之前,尽多积累能量总是没错的。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    对面的靶机采取了和音羽同样的动作,同样开始了小角度爬升。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    很快,双方就接触了,不过两边都没有对头的意思。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    其中靶机在一千米处就开始了转弯,音羽没有犹豫,同样向着靶机转弯的方向转向了起来。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    不过音羽刚转向完,就再次懵逼了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    靶机刚才的转向只是个假动作,正式的转弯现在才开始。而音羽这边由于提前转弯,现在一下子就被靶机占据了后半球的绝佳攻击阵位。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这才刚开场,音羽就处于了极为不利的状态。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    没办法,音羽实在是太耿直了,她真的没想到蛐蛐AI还会使诈。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “Naive,这家伙或许有点实力,但经验上还是一张白纸啊。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    位于塔台内的饭田奈,顿时露出了胜利者般的微笑。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “战斗还没结束呢。”一旁的七濑只是摇了摇头。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “是吗?那你就好好看着我是怎么把她打下来的吧~”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    ----------------------------------------
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    PS:其实咱也不是很懂空战,一切都是翻着书自己脑补的,若有什么BUG欢迎读者大大们指出_(:з)∠)_
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土



书阁网欢迎您,请记住我们网址http://www.bookgew.com

注册成为书阁网会员,点击这里
推荐票票        加入书架        翻上页      回目录      翻下页        加入书签        返回首页