《道君》正文 第四四六章 你已有三个月的身孕

    袁罡:“你就不怕万洞天府倒过来以萧天振威胁你?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “万洞天府家大业大,你觉得他们会搭上身家性命跟我拼命?”牛有道睁眼斜睨向他,估摸着这位说些废话是心中不忍。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    果然,袁罡:“道爷,你就不能想想办法吗?何况有这个把柄在手,万洞天府的软肋就捏在了你的手上。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    牛有道反问:“猴子,你也是在道上混了这么多年的人,道理你心里应该清楚。实力相差悬殊,是没有食言的资格的,一旦食言,万洞天府不会再信我。如今面对天玉门我尚不敢轻易露面,再激怒万洞天府,今后的处境可想而知。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    说到这又忍不住叹了声,“猴子,那小兔崽子也不是什么好东西,迟早要恩将仇报和他娘翻脸,海如月又不肯放权,母子两个迟早要自相残杀,我救不了他们,谁也帮不了他们。你必须明白,一个混乱的金州对南州不利!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    ……
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    金州府城,数十名修士护送着一辆马车入城。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    一路抵达刺史府大门外而停,车帘掀开,萧天振钻了出来。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    已等在门口的海如月一见,顿时发出了一声悲喜交加的呼唤,“振儿!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    旁观的黎无花缄默,目视海如月提了裙子跑下了台阶,没有阻拦。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    之前这边已经将海如月给软禁,是不允许海如月出这大门一步的。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    管家朱顺潸然泪下,在那一脸痛苦地摇头。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “母亲!”下了车辕的萧天振规规矩矩拱手行礼。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    海如月已不管不顾地抱住了儿子,看似思儿心切喜极而泣,实则在儿子耳边低喃,“不该回来啊,你真的不该回来啊!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    萧天振不知此话深意,因他不知自己病愈的真相,抬头看着海如月,眼中一丝怨恨神色稍瞬即逝。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    稍解思念之情,海如月牵了儿子的手上台阶。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    就在这时,一件物什嗖一声破空而来,直射站在台阶上的黎无花。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花虚掌一推,飞来的物件瞬间悬停在了屋檐下,定睛一看,是一面令牌。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    看清这块令牌的黎无花脸色剧变,五指一抓,令牌摄入掌中,顺手垂袖掩盖了,目光迅速投向了物件射来的方向,街道对面的屋顶。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这边众人齐回头看去,海如月母子也停在了台阶回头观望。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    屋顶上站了两个人。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    一个衣裳邋里邋遢的老头,没有盘发髻,灰白头发后披,随便一条丝带系结在后背。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    还有一个是同样发式的面貌俊逸的年轻人,一身白衣如雪,皮肤白皙,神情淡淡而从容,飘逸潇洒,背着一只竹筐。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    两人从屋顶飘来,落在不远处,不疾不徐走来。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这边的守卫立刻上来一排拦住,喝问:“什么人?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    两人止步,面部死板明显戴了假面的老头不理眼前守卫,目光盯向了台阶上的黎无花,发出阴沉语调,“你要拦我吗?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花喉结耸动了一下,最终慢慢抬手,示意阻拦人马。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    阻拦人马左右让开,放行。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    一老一少又并排走了过来,走到台阶下时,青年停下,老头继续登上台阶,直冲海如月母子。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    这古怪情形令母子二人有些紧张,明显都看出了连黎无花也忌惮此人,遂赶紧迈步上了台阶屋檐下躲避。海如月问黎无花,“是谁?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花没吭声,盯着继续走上台阶的老头。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头依然朝着屋檐下的母子二人走去。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    最终,黎无花不得不闪身上前,拦在了老头和母子二人的中间,拱手道:“不知尊驾有何贵干?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头又阴沉着问了句,“你要拦我吗?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花:“这里也不是什么人都能擅闯的地方,尊驾究竟是何人?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头:“我是谁不重要,你认识那块令牌就够了。你好像是万洞天府的那个什么长老吧,不会连青元子的掌门令牌也不认识了吧?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    一旁的其他万洞天府弟子惊讶,青元子是万洞天府上一任掌门,已仙逝,至于掌门令牌不是在现任掌门的手上么?这个老头说这话是什么意思?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    左右的万洞天府弟子有些听不懂。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花左右看了看同门弟子的反应,他们不知道,他却是知道的,现任掌门手上的令牌是后面重新制作的,原令牌牵涉到一段秘辛送人了,确切地说是被人索要走了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    此事因为关系到万洞天府的脸面,除了万洞天府的高层,不会让其他人知道。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花:“我不懂你在说什么。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头:“你的意思是,万洞天府说话不算话,想毁诺?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花忙道:“我万洞天府乃是名门正派,自然是言出必行,只是我起码得确认尊驾的身份和尊驾的来意,您说是不是?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头抬手指向了萧天振,“他就是金州刺史萧天振?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    萧天振有些畏惧,怎么感觉是冲自己来的?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    海如月也下意识握紧了儿子的手,从未见黎无花对外人如此小心翼翼过。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花回头看了眼萧天振,再回头,颔首道:“不错!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头:“听说我弟子治好了他的天阴损脉,有没有这回事?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    此话一出,在场知情的人震惊,都说是鬼医弟子治好了这位少主的顽疾,难道这老头就是传说中的鬼医刑方?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花则是暗暗叫苦,难道真是那老怪物来了?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    其实看到那块令牌的时候,他就有点猜到了对方的身份,只是不敢确认,他也不可能在对方没有自承身份的时候问对方是不是鬼医,现在则是确认了个七七八八。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    之前万洞天府受了海如月的蒙蔽,真以为是鬼医弟子治好了萧天振,谁知是牛有道在背后搞鬼,然而没想到会弄假成真,谣言居然真的把神龙见首不见尾、想找都找不到的鬼医本人给引来了。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    只是对方的话让他好难回答,承认吗?压根没有的事,蒙蔽谁都行,就是蒙蔽不了鬼医。不承认的话,也不敢说出真相,总不能说是偷了冰雪阁的赤阳朱果治好的吧?
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    他只好委婉道:“谣言,没有的事。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头语调阴沉道:“你让开,我只是想为他把把脉。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花一脸为难,怕对方乱来,拦又不怎么敢拦人家,真要是鬼医的话,惹火了人家整个万洞天府都吃罪不起。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头也不管他愿意不愿意,抬手,一把将黎无花拨开了,继续登上了台阶,海如月母子害怕,被逼得步步后退。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花及一众万洞天府弟子立刻围了上来,小心警惕着老头。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    海如月母子退无可退,被门旁的墙给挡住了,身子一顿的瞬间,老头已经伸手抓了萧天振的手腕,几根手指搭上了萧天振的脉搏。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    稍静默后,老头放开了萧天振的脉搏,又抬手捏开萧天振的嘴巴看了看,之后又抬手翻开萧天振的眼皮瞅了瞅。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    放手后,老头又捉了萧天振的手腕,牵上就走。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花当即伸手一拦,“尊驾这是什么意思?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头阴沉道:“万洞天府欠我一条命,我现在来收账,令牌还给你们,这小子我带走,从此与你们万洞天府互不相欠。让开!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花绷着脸道:“这事我做不了主,须等我禀明师门再做决断。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头:“那是你的事,和我无关,我再说一次,让开!不会再说第三次。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花神情抽搐。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    见他都不敢硬来阻拦,萧天振顿时紧张了,向海如月发出求救声,“母亲!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    海如月当即上前哀求:“老先生,我就这么一个儿子,求您放过我儿子,其他的条件您尽管提,只要我能做到的,一定满足您!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “你儿子?”老头回头,目光落在了她的脸上,左右端详了一下,道:“你肚子里还有一个儿子。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    此话众人听的莫名其妙,海如月却是听的心惊肉跳,忙道:“老先生说笑了,我儿是金州刺史,不能轻易跟人走,还请老先生换个条件。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头:“老夫这点眼力还是有的,你已有三个月的身孕,是个男胎,胎儿正常,生下来无非换个人当什么刺史。生下来若不是儿子,我把这个儿子还给你。”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    此话一出,海如月一脸慌乱。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    周边的人面面相觑,黎无花则是一脸震惊地瞅着海如月,神色变幻不定。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “母亲!”萧天振惊叫着。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    老头就这样拖着他走了,竟无人阻拦。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    所有人看黎无花的意思,黎无花则看着海如月,海如月欲冲向儿子,却被黎无花一把摁住了肩膀,黎无花顺手抓了她的手腕把脉。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    脉搏稍微那么一探,果然如那老头所言,海如月竟真有了身孕,黎无花一张脸黑了下来。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “少爷!”朱顺冲下了台阶抢人。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    拖走萧天振的老头大袖向后一挥,砰一声,朱顺震飞了出去。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    黎无花回头看去,就凭那老头能一眼看出海如月的底细来,越发能证明其身份,他也不敢再拦。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    “马车!”走下台阶的老头提了一句。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    安静等候在台阶下的年轻人立刻转身走到了门口的马车旁,态度温和地请开了战战兢兢的马夫,拉住了缰绳。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    已发不出声的萧天振被扔进了车内,老头也钻进了车内,坐在车辕上的年轻人挥鞭,就这样将刺史府的马车给顺走了……
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    马车途径街头,路人皆向两旁分开,前方有两个骑着高头大马的年轻人也退避一旁。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    而其中一骑马年轻人看到马车上驾车的年轻人后,似乎有些讶异,挥手招呼一声,“谭兄!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    驾着马车的年轻人无动于衷,就这样与他们擦身而过。
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    另一马背的年轻人奇怪道:“程兄,你认识这人?你在金州还有朋友?”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土
    前者扭头目送马车离去,抬手挠了挠头,回头略带自嘲地笑了笑,“刚才那驾车的挺像我北州的一个旧友,不过应该是我看错了,我那旧友就是个迂腐书呆子,没人家那气度。没事,走吧!”
都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土

都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土 都市乡土



书阁网欢迎您,请记住我们网址http://www.bookgew.com

注册成为书阁网会员,点击这里
推荐票票        加入书架        翻上页      回目录      翻下页        加入书签        返回首页